PR

【那須】三斗小屋温泉 大黒屋旅館 – 那須岳の自然をランプと共に楽しむ

上信越・尾瀬・日光エリア日光

三斗小屋温泉 大黒屋旅館は、那須岳山中に位置する日本最古の山岳温泉宿の一つで、江戸時代から山岳信仰の修験者や武士、商人の湯治場として利用されてきました。宿までのアクセスは車ではなく、山道を徒歩で約2時間かけて到着する必要がありますが、その分、秘湯の魅力を存分に味わうことができます。

三斗小屋温泉は標高約1,460mの朝日岳の西側の山腹に位置しており、那須塩原市の飛び地として知られています。この温泉地は、那須岳登山道のルート上にあり、登山者にとって重要な山小屋としての役割を果たしています。電力供給がなく、自家発電に頼っているため、通常の携帯電話は圏外となり、公衆衛星電話が設置されている点も特徴的です。

大黒屋旅館の宿泊施設は本館、新館、別館から成り、本館は戊辰戦争で焼失後の明治2年に再建された歴史ある建物です。低い天井や急な階段、昔の湯治客の墨のいたずら書きなど、古き良き時代を感じさせる空間が広がっています。

温泉は源泉かけ流しで、檜の大風呂と岩風呂の二種類があります。温泉は「仕上げの湯」として昔から親しまれており、山歩きで疲れた身体を芯から癒してくれると評価されています。

食事は、歩荷で運ばれた食材を使用した手作りのお食事が部屋まで運ばれます。生鮮食品は日持ちしないため、頻繁に荷揚げを要しますが、滋味深い料理を提供することに心がけているとのことです。

利用者のレビューによると、荒天の中を訪れたゲストも大黒屋旅館の温かいお湯とお食事、そしてスタッフのおもてなしに感動し、良い思い出になったと評価しています。また、建物の歴史的な雰囲気や新緑の美しさ、清潔で静かな環境も高く評価されています。

スポンサーリンク

2024年春季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

施設名読み方予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
大黒屋旅館だいこくやりょかん / daikokuyaryokan予約冬季休業24/4/-13,0009,0002,000-あり000あり(温泉)確認中090-1045-4933(期間内)0287-74-2309(期間外)あり10確認中確認中確認中1,450日光https://sandogoya-onsen.com-
  • 山小屋の宿泊は原則要予約です。
  • 個室のある山小屋の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
    繁忙日は高くなる場合があるので、ご注意ください。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 山小屋の一覧はこちらです。

周辺の山小屋情報(2024年版)

周辺に点在する山小屋の情報です。これらの山小屋は、登山の疲れを癒やし、次の日の挑戦に備える場所として、登山家にとって欠かせない存在です。ここでは、それぞれの山小屋が持つ独自の魅力や、提供されるサービス、そして宿泊の詳細について情報を共有します。

山小屋(五十音順)予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円
庚申山荘0通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)-2,080
国民宿舎かじか荘予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)12,800-
煙草屋旅館予約営業中24/4/13(土)24/11/12,500-
手白澤温泉予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)--

コメント

タイトルとURLをコピーしました