PR

【谷川連峰】肩ノ小屋

上信越・尾瀬・日光エリア
肩ノ小屋
上信越・尾瀬・日光エリア谷川連峰

肩ノ小屋は、谷川岳の麓に佇み、JR上越新幹線の上毛高原駅から谷川岳ロープウェイまで45分というアクセスの良さで知られています。ここは山岳愛好者にとっての楽園で、美しい景観や高山植物の宝庫が魅力です。肩ノ小屋では、快適な滞在を提供するために寝具の貸し出しや朝夕の食事プランなどが充実しています。谷川連峰は、岩場や沢登りから家族で楽しめる峠や尾根歩きまで、さまざまなコースが楽しめます。肩ノ小屋に宿泊することで、行動範囲も広がり、安全な登山を楽しむことができます。4月下旬から11月上旬までの間営業し、群馬県みなかみ町に位置しています。谷川岳ロープウェイやリフトを利用すれば、素晴らしい眺望が広がるエリアまで簡単にアクセスできます。
自然の中で心地よい時間を過ごし、壮大な景色に包まれることで、登山の魅力を最大限に味わえます。肩ノ小屋は、快適な宿泊施設と素晴らしい自然環境が融合した最高の拠点です。登山愛好者や自然愛好者にとって、一度訪れる価値がある場所です。谷川岳山頂からは朝日岳、白毛門、平ヶ岳、燧ヶ岳、至仏山、日光白根、武尊、皇海山、浅間山など、壮大な景観が広がります。

スポンサーリンク

2024年春季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

施設名読み方予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
谷川岳肩ノ小屋たにがわだけかたのこや / tanigawadakekatanokoya24/3/1(金)冬季休業24/5/1(水)24/11/8,0004,500-30なしなしなしなしなし確認中090-3347-0802-なし--なしあり1,912谷川岳https://mmga.jp-
  • 山小屋の宿泊は原則要予約です。
  • 個室のある山小屋の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
    繁忙日は高くなる場合があるので、ご注意ください。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 山小屋の一覧はこちらです。

登れる主な山・日本百名山情報・山の標高

この山小屋(テント場)の周辺には、以下の素晴らしい山々があります。これらの山を訪れる際には、ぜひこの山小屋(テント場)を活用しましょう。利便性と快適さを兼ね備え、山へのアクセスが格段に便利になるため、登山体験がより充実したものになること間違いなしです。

山名百名山標高/m順位
仙ノ倉山せんのくらやま2,026350
平標山たいらっぴょうやま1,984
谷川岳たにがわだけ日本百名山1,977
万太郎山まんたろうさん1,956

利用される主な登山口(トイレ、水場、バス停有無など)

利用される主な登山口を以下に紹介します。登山の旅は、まず足を踏み入れるその一歩から始まります。これらの登山口は、美しい景色、多様なルート、そして自然との一体感を提供してくれる特別な場所となるでしょう。
※ 登山口をクリックするとアクセス方法が分かります。

登山口トイレ水場バス停標高/m
平標たいらっぴょうあり975
谷川岳ロープウェイ駅たにがわだけろーぷうぇいえきありありあり750

アクセス(鉄道・バス)

山小屋、登山口へのアクセス方法をご紹介します。現時点では、主に関東地域からのアクセスが主要となります。鉄道とバスを利用する場合、季節や時間帯によって所要時間に変動があるので、事前にチェックが必要です。鉄道を使う場合、特定の駅を起点に、山小屋や登山道の最寄りの駅へのルートが一般的です。電車のタイムテーブルを参考にして、適切な時間に出発しましょう。一方、バスを利用する際は冬季に注意が必要です。寒さや積雪のため、バスの運行が中断されることがあります。冬の訪問を予定している方は、バスのスケジュール確認や代替交通手段の検討が重要です。安全な訪問のため、事前の情報収集と計画をしっかりと行いましょう。
※ 鉄道の運行日と時刻は公式サイトなどで必ず確認してください。紹介されている情報は一例に過ぎません。

JR上野駅から上毛高原へ
出発上野
約60分 JR上越新幹線 新潟行 時刻表(2024/04/22)
到着上毛高原
JR上野駅からJR上毛高原駅まで「上越新幹線」を利用します。
JR上毛高原駅から天神平へ
出発上毛高原
約45分 関越交通 谷川岳ロープウェイ駅行 時刻表(2024/04/21)
1番のりば
ロープウェイ乗換谷川ロープウェイ
約15分 谷川ロープウェイ 運行間隔
到着天神平
JR上野駅から天神平まで上越新幹線 、関越交通バス、ロープウェイを利用します。
登山レポ(夏の天神平→谷川岳)
登山レポ(厳冬期の天神平→谷川岳)
登山レポ(西黒尾根→谷川岳)

周辺の山小屋情報(2024年版)

周辺に点在する山小屋の情報です。これらの山小屋は、登山の疲れを癒やし、次の日の挑戦に備える場所として、登山家にとって欠かせない存在です。ここでは、それぞれの山小屋が持つ独自の魅力や、提供されるサービス、そして宿泊の詳細について情報を共有します。

山小屋(五十音順)予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円
赤湯温泉山口館予約冬季休業24/4/27(土)24/10/9,0006,000
平標山の家24/4/1(月)冬季休業24/4/27(土)24/10/26(土)9,0006,500
苗場山頂ヒュッテ24/4/1(月)冬季休業24/6/1(土)24/10/26(土)11,0007,000

周辺ギャラリー

山小屋の周辺には魅力的なスポットがたくさん広がっており、これらを写真と共に紹介します。山小屋周辺において、訪れる価値のある場所や活動を紹介し、山岳体験を提供できればと考えます。山小屋からの景観、周辺の山々、キャンプ場、近くを流れる沢や池、美味しい食事など、山の魅力を満喫するための情報を掲載しています。

肩ノ小屋は、多くの登山者に利用される山小屋です。公共交通機関のアクセスポイントは土合駅で(JR東日本上越線の場合)、ここから多くの登山者が出発します。谷川岳には複数の登山道がありますが、その中でも西黒尾根は特に有名です。谷川岳は四季折々の魅力を持ち、雪山登山、紅葉でも人気を集めています。山頂からは、壮大な景色が広がり、オジカ沢ノ頭や万太郎山が見渡せます。肩ノ小屋周辺には、自然の美しさとアウトドアの楽しみが待っています。是非、この素晴らしいエリアで冒険の舞台を楽しんでみてください。

土合駅

谷川岳の麓、緑豊かな自然に囲まれた場所に立つ「土合駅」。この駅は、谷川岳へのアクセスポイントとして数多くの登山者や観光客が利用する、まさに山の玄関口とも言える場所です。

写真からも伝わる独特の三角形の屋根は、周囲の自然と調和しつつも、モダンなデザインが特徴的。赤と茶色の駅舎は、太陽の光を受けて暖かみを感じさせます。

また、この土合駅には興味深いエピソードがあります。日本で最も標高の低い駅として知られる「モグラ駅」という異名を持つというのです。このユニークな称号は、多くの旅行者の興味を引きつけ、話題になっています。

駅の前に広がる広々とした空間や石段、そしてその先に続く山々への道。これらが、冒険への期待感を高めてくれるエレメントとなっています。

西黒尾根

谷川岳の壮大な風景の中で、特に心を打つのが西黒尾根の稜線です。写真からも感じ取れるように、ここはまさに自然のアートのような場所。秋の訪れとともに、山々は美しい紅葉に染まり、その色彩のコントラストが絶景を生み出しています。

紅葉の赤、オレンジ、黄色が混ざり合い、緑の山々との対比が非常に鮮やか。そして、その中を歩むハイカーたちが、この大自然の中の小さな存在感を感じさせてくれます。岩場に囲まれながらも、山の稜線を進む人々は、自然の美しさと厳しさの両方を体験していることでしょう。

オジカ沢ノ頭、万太郎山

谷川岳の頂上からの眺めは、冬の美しさと厳しさを同時に感じさせる壮大な景色です。雪に覆われた山々が連なり、青い空に映えるその姿は、まるで絵画のよう。一歩一歩、足を進めるごとに、新しい発見があり、心が高鳴ります。

特に目を引くのが、手前にそびえ立つオジカ沢ノ頭。その威厳ある姿と、雪の純白さが見事にマッチしています。さらにその奥には、万太郎山が広がります。この二つの山が、まるで谷川岳の守護神のように、その美しさを際立たせています。

オキの耳から見たトマの耳

オキの耳から見るトマの耳への眺めは、冬の谷川岳の静寂と美しさを伝える最高のスポットの一つです。雪に覆われた山肌が、日の光を反射し、まるでダイヤモンドのように輝いています。

写真を見ると、トマの耳の頂上へと向かうハイカーたちの小さな姿が確認できます。彼らの背中からは、この山の大きさ、そして自然との一体感を感じ取ることができます。遠くの地平線とのコントラストが、山の高さと厳しさを際立たせています。

背後に広がる雪原は、無数の足跡で彩られており、多くのハイカーたちがこの絶景を楽しんできたことを物語っています。また、遠くに見える山々のシルエットと青い空のグラデーションは、まさに冬のアート作品のよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました