PR
スポンサーリンク

【上高地】徳本峠小屋 – 霞沢岳前哨戦の豊富な食事メニュー

上高地北アルプスエリア

北アルプスの麓、霞沢岳への冒険の前哨戦として、徳本峠小屋は登山者にとってまさにオアシスのような存在です。この小屋は、昭和初期には上高地への主要ルートとして賑わっていた歴史を持ち、2010年には新館が建てられ、今では木目が明るく清潔感あふれる宿泊施設として親しまれています。特に、夕食後にアルコールランプが灯される食堂は、山の夜を暖かく照らす心地良い空間です。

食事もまた、この小屋の魅力の一つ。朝は元気をくれるオムレツやソーセージ、そして新鮮な生野菜にオレンジといったメニューが、おかわり自由で提供されます。夕食では、ごはんと味噌汁が食後まで楽しめる豊富な品数を誇ります。

さて、徳本峠小屋からの景色は、まさに息をのむ美しさ。穂高連峰の壮大な眺めが、この小屋の大きな魅力の一つ。特に「最終水場」の前後からの景色は、まるで絵画のような美しさを誇ります。

24人という限られた収容人数の中で、創業当時からの木材を再利用した部屋は、自然への敬意と歴史の重みを感じさせます。都会の喧騒を離れ、穂高連峰の大自然に包まれながら、心地よい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。山の静けさ、清々しい空気、そしておいしい食事が、皆さんを待っています。

スポンサーリンク

2024年夏季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

施設名読み方予約サイト(開始日)営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
徳本峠小屋とくごうとうげごや / tokugotogegoya予約営業中24/7/11(木)24/10/14(月)15,000--15なしなしありなしなしドコモ×,au〇,SB〇,楽天×,公衆電話×090-2767-2545-あり10必要確認中あり2,135上高地http://tokugo.com-
  • 宿泊は原則要予約です。
  • 個室の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
  • 飲水は宿泊者無料です。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 山小屋の一覧はこちらです。
  • 穂高連峰や明神岳の眺めが素晴らしいです。
  • 上高地から約3時間20分です。
  • 建物は登録有形文化財に指定されています。
  • 本館と新館があります。
  • 正面には樹齢100年以上と思われるダケカンバの巨樹が立っています。
  • 夜はランプの灯のみの明かりです。
  • コタツを囲む宴会が人気です。
  • 定期的に弓奏弦楽器によるコンサートが開かれます。

登れる主な山・日本百名山情報・山の標高

この山小屋(テント場)の周辺には、以下の素晴らしい山々があります。これらの山を訪れる際には、ぜひこの山小屋(テント場)を活用しましょう。利便性と快適さを兼ね備え、山へのアクセスが格段に便利になるため、登山体験がより充実したものになること間違いなしです。

山名百名山標高/m順位
奥穂高岳おくほたかだけ日本百名山3,1903
槍ヶ岳やりがたけ日本百名山3,1805
涸沢岳からさわだけ3,1108
北穂高岳きたほたかだけ3,1069
前穂高岳まえほたかだけ3,09011
明神岳2,931
西穂高岳にしほたかだけ2,90931
常念岳じょうねんだけ日本百名山2,85745
蝶ヶ岳ちょうがたけ2,67796
霞沢岳かすみざわだけ2,646110
六百山ろっぴゃくさん2,470171
焼岳やけだけ日本百名山2,455174

上高地はどんな場所?

河童橋

上高地、それは自然愛好家や登山者にとってまさに楽園のような場所です。日本アルプスの心臓部に位置し、その壮大な山々、澄み切った川、緑豊かな自然が訪れる人々を魅了します。特に秋の紅葉は圧巻!「日本の紅葉百選」に選ばれるほどですから、その美しさは言葉では表しきれません。
さて、上高地の醍醐味といえばやっぱりハイキング。初心者からベテランまで、誰もが楽しめる多様なコースがあります。中でも河童橋や明神池は、息をのむほどの絶景が広がっていて、歩くだけで心が洗われる感じ。登山の後は、近くの温泉でゆっくり疲れを癒すのも最高ですよね。
そして、登山好きならずっと見上げているであろう槍ヶ岳や穂高岳、焼岳など、上高地からアクセス可能な山々も魅力的。それぞれ独自の特色を持ち、登山者を魅了して止まないんです。
上高地、そこはただの観光地じゃありません。自然と一体になれる場所、心身ともにリフレッシュできる極上の空間。四季折々の表情を見せるこの地を、ぜひ一度訪れてみてください。きっと、あなたも上高地の虜になるはずです。

上高地への行き方(鉄道・バス)

上高地へ行くためには、JR松本駅から上高地線で新島々駅へ向かい、そこからバスを利用するのが一般的です。

JR新宿からJR松本駅へ
出発新宿
約160分 JR特急あずさ 松本行 時刻表(2024/07/21)
到着松本
JR新宿駅からJR松本駅まで「特急あずさ」を利用します。
JR松本駅から上高地へ
出発松本
約30分 上高地線 新島々行 時刻表(2024/07/21)
バス乗換新島々
約150分 アルピコ交通 上高地バスターミナル行 時刻表(2024/07/21)
※ 2023年は4月17日(月)~11月15日(水)までの運行です。
到着上高地バスターミナル
JR松本駅から新島々までは上高地線、新島々から上高地までまでアルピコ交通バスを利用します。上高地から各山小屋までは徒歩になります。
登山レポ1(上高地→槍沢→槍ヶ岳)
登山レポ2(上高地→涸沢→穂高岳)

コメント

タイトルとURLをコピーしました