PR
スポンサーリンク

【南アルプス】ヒュッテ入笠(旧マナスル山荘) – ビーフシチューと自然美の融合

南アルプスエリア
入笠湿原
南アルプスエリア甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳

入笠山の麓に佇むヒュッテ入笠は、標高1,800mの高原に建ち、富士見パノラマのゴンドラで手軽にアクセス可能です。山野草やカラマツ林に囲まれたこの山小屋は、自然愛好家やハイカーに人気のスポット。夏は緑豊かな景色、冬はスノーシューを楽しむことができ、季節ごとの自然の美しさを満喫できます。

特に、6月に咲くすずらんの花は圧巻で、多くの訪問者を魅了します。また、入笠山は約2億年前の昔に形成された古い地層を持ち、「雨乞い山」としての歴史も感じられる特別な場所です。

ヒュッテ入笠の食事も見逃せません。名物のビーフシチューをはじめ、ソースカツ丼、カツカレー、カレーライス、鍋焼きうどん、焼きたてパンなど、多彩なメニューが提供されています。また、お酒や蜂蜜などのおみやげも豊富に揃えられており、山の思い出を持ち帰ることができます。

この山小屋では、居心地の良いサービスが提供されており、訪れるすべての人に特別な体験を提供します。自然の美しさと歴史に触れながら、心身ともにリフレッシュできることでしょう。

スポンサーリンク

2024年夏季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

  • マナスル山荘本館は、2023年4月より『ヒュッテ入笠』と名称が変更されました。
施設名読み方予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
ヒュッテ入笠(マナスル山荘)ひゅってにゅうがさ(まなするさんそう) / hyuttenyugasa(manasurusanso)予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)要確認要確認-50あり(全個室)なしなし対応可能あり確認中0266-62-2083090-7632−5292なし--確認中確認中1,800甲斐駒ヶ岳http://manaslu-sanso.com-
  • 山小屋の宿泊は原則要予約です。
  • 個室のある山小屋の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
    繁忙日は高くなる場合があるので、ご注意ください。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 全国の山小屋の一覧はこちらです。
  • 富士見パノラマリゾートまでは中央線の富士見駅から無料シャトルバスがあります。
  • 個室は1人でも利用可能です。
  • 名物は『絶品ビーフシチュー』です。
  • 焼き菓子、パンなどのオリジナル商品が多数販売されています。

登れる主な山・日本百名山情報・山の標高

この山小屋(テント場)の周辺には、以下の素晴らしい山々があります。これらの山を訪れる際には、ぜひこの山小屋(テント場)を活用しましょう。利便性と快適さを兼ね備え、山へのアクセスが格段に便利になるため、登山体験がより充実したものになること間違いなしです。

山名百名山標高/m順位
入笠山にゅうかさやま1,955

利用される主な登山口(トイレ、水場、バス停有無など)

利用される主な登山口を以下に紹介します。登山の旅は、まず足を踏み入れるその一歩から始まります。これらの登山口は、美しい景色、多様なルート、そして自然との一体感を提供してくれる特別な場所となるでしょう。
※ 登山口をクリックするとアクセス方法が分かります。

登山口トイレ水場バス停標高/m
入笠山登山口にゅうがさやまとざんぐちなしなしなし1,450

アクセス(鉄道・バス)

こちらの情報は準備中となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました