PR
スポンサーリンク

【八ヶ岳】八ヶ岳山荘 – 登山の拠点と温泉風呂の究極の融合

八ヶ岳エリア
八ヶ岳山荘
八ヶ岳エリア南八ヶ岳

八ヶ岳の自然を身近に感じられる山荘、それが八ヶ岳山荘です。標高1,502mの絶好のロケーションにあり、美濃戸口バス停からほんの一歩踏み出せば、そこに佇んでいます。都会の喧騒を離れ、登山の待ち合わせや山の恵みを感じながらの一休みに最適。JR茅野駅からはバスで約40分とアクセスも良好です。

この山荘は、ただの休憩所に留まらない魅力があります。マイカーで訪れる方に嬉しい駐車場の完備はもちろん、登山の前後には温かいお風呂や食事が提供されるため、遠方からの訪問者にも大変便利です。さらに、山を満喫した後は、いつでも利用可能な仮眠室でのんびりと休息がとれます。利用は非常に簡単で、退室時に料金をポストに投函するだけ。

ただし、その人気ゆえに貸し切りとなることも。訪れる際は事前の確認をお忘れなく。八ヶ岳山荘は、登山の基点として、また下界からの一時の逃避行として、あなたを待っています。

スポンサーリンク

2024年夏季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

施設名読み方予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
八ヶ岳山荘やつがたけさんそう / yatsugatakesanso予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)10,0007,500-50ありなし脱衣所なしあり確認中0266-74-2728-なし--確認中確認中1,502南八ヶ岳http://www.yatsugatake.gr.jp-
  • 山小屋の宿泊は原則要予約です。
  • 個室のある山小屋の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
    繁忙日は高くなる場合があるので、ご注意ください。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 全国の山小屋の一覧はこちらです。
  • 11月中旬から12月中旬までの間臨時休業の可能性があります。

登れる主な山・日本百名山情報・山の標高

この山小屋(テント場)の周辺には、以下の素晴らしい山々があります。これらの山を訪れる際には、ぜひこの山小屋(テント場)を活用しましょう。利便性と快適さを兼ね備え、山へのアクセスが格段に便利になるため、登山体験がより充実したものになること間違いなしです。

山名百名山標高/m順位
赤岳あかだけ日本百名山
山梨百名山
2,89933
横岳よこだけ2,83052
阿弥陀岳あみだだけ2,80562
硫黄岳いおうだけ2,76077

利用される主な登山口(トイレ、水場、バス停有無など)

利用される主な登山口を以下に紹介します。登山の旅は、まず足を踏み入れるその一歩から始まります。これらの登山口は、美しい景色、多様なルート、そして自然との一体感を提供してくれる特別な場所となるでしょう。
※ 登山口をクリックするとアクセス方法が分かります。

登山口トイレ水場バス停標高/m
美濃戸口みのとくちありありあり1,480

アクセス(鉄道・バス)

山小屋、登山口へのアクセス方法をご紹介します。現時点では、主に関東地域からのアクセスが主要となります。鉄道とバスを利用する場合、季節や時間帯によって所要時間に変動があるので、事前にチェックが必要です。鉄道を使う場合、特定の駅を起点に、山小屋や登山道の最寄りの駅へのルートが一般的です。電車のタイムテーブルを参考にして、適切な時間に出発しましょう。一方、バスを利用する際は冬季に注意が必要です。寒さや積雪のため、バスの運行が中断されることがあります。冬の訪問を予定している方は、バスのスケジュール確認や代替交通手段の検討が重要です。安全な訪問のため、事前の情報収集と計画をしっかりと行いましょう。
※ 鉄道の運行日と時刻は公式サイトなどで必ず確認してください。紹介されている情報は一例に過ぎません。

JR新宿駅からJR茅野駅へ
出発新宿
約140分 JR特急あずさ 松本行 時刻表(2024/05/26)
到着茅野
JR新宿駅からJR茅野駅まで「特急あずさ」を利用します。
JR茅野駅から美濃戸口へ
出発茅野
約40分 アルピコ交通 美濃戸口行 美濃戸口線
JR茅野駅から徒歩1分
4番のりば
到着美濃戸口
JR茅野駅から美濃戸口までのバスによる経路です。美濃戸口から各山小屋までは徒歩で美濃戸を経由します。
登山レポ(厳冬期の美濃戸口→赤岳鉱泉)
登山レポ(厳冬期の美濃戸口→赤岩の頭)
登山レポ(冬の美濃戸口→赤岳)
登山レポ(秋の美濃戸口→赤岳、阿弥陀岳)

周辺の山小屋情報(2024年版)

周辺に点在する山小屋の情報です。これらの山小屋は、登山の疲れを癒やし、次の日の挑戦に備える場所として、登山家にとって欠かせない存在です。ここでは、それぞれの山小屋が持つ独自の魅力や、提供されるサービス、そして宿泊の詳細について情報を共有します。

山小屋(五十音順)予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円
赤岳山荘予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)9,0006,000
美濃戸高原ロッヂ予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)9,0005,500
美濃戸山荘予約冬季休業2024/6/上24/10/10,0007,500
八ヶ岳J&N予約営業中24/4/1(月)24/12/31(火)-6,300
やまのこ村予約冬季休業24/4/24/10/7,5005,000

周辺ギャラリー

山小屋の周辺には魅力的なスポットがたくさん広がっており、これらを写真と共に紹介します。山小屋周辺において、訪れる価値のある場所や活動を紹介し、山岳体験を提供できればと考えます。山小屋からの景観、周辺の山々、キャンプ場、近くを流れる沢や池、美味しい食事など、山の魅力を満喫するための情報を掲載しています。

八ヶ岳山荘

八ヶ岳山荘は、赤岳や横岳、硫黄岳、阿弥陀岳といった八ヶ岳連峰への冒険の出発点として、多くの登山者に親しまれています。この山荘の看板が見えた時、登山者は新たな挑戦の始まりを実感することでしょう。山荘の温かな灯りが、旅の安全を願い、また無事の帰還を待ちわびるように優しく照らしています。登山前の緊張感と、下山後の達成感が、この場所で混ざり合い、登山者たちの心に深く刻まれるんですね。

茅野駅から八ヶ岳山荘まではバスの便が多い

茅野駅から八ヶ岳山荘へと向かうバスは、多くの登山者で賑わっています。彼らの装備を見るだけで、八ヶ岳の自然が提供する豊かな体験への期待が高まります。バスの周りで、最後の準備を整える姿からは、冒険へのわくわくした気持ちが伝わってきますね。バスから降りた瞬間、新鮮な空気と山の匂いが迎えてくれる。そう、ここはただの移動手段ではなく、山への入り口、冒険が始まる場所なんです。

八ヶ岳山荘の薪ストーブ

八ヶ岳山荘の心地よい薪ストーブが、登山の前後にほっと一息つく場所を提供しています。木のぬくもりが溢れる室内で、炎のゆらぎを眺めながら、旅の計画を練ったり、冒険の思い出を語り合ったり。ここはただの休憩所ではなく、登山者同士の交流が生まれる温かなコミュニティースペースなんです。窓の外に広がる自然の景色と、中で感じる安らぎが、山の魅力をより一層深めてくれますよ。

美濃戸口登山口は赤岳、横岳、硫黄岳、阿弥陀岳など八ヶ岳名峰への出発点

美濃戸口登山口に立つ案内板が、八ヶ岳への冒険へと誘います。赤岳、横岳、硫黄岳、阿弥陀岳など、名峰へ続く多くの選択肢が、登山者の期待を高めます。これから始まる登山の旅は、自然の雄大さと人の挑戦が交差する物語を紡ぎ出すでしょう。林立する樹木の間を抜ける風が、次の一歩を踏み出す勇気を吹き込みます。ここから、八ヶ岳の壮大な自然と向き合い、自分だけの山の物語を刻んでいくんです。

美濃戸口から美濃戸までは親子連れでもハイキング可能ななだらかな道が続く

美濃戸口から美濃戸へと続く道は、親子連れでも気軽に楽しめるハイキングコースです。木々が生い茂る中を進む家族の姿が、自然とのふれあいの大切さを思い起こさせます。新緑や秋の紅葉など、季節の移り変わりを感じながら、子どもたちの足取りも軽やか。どこか懐かしさを感じさせる森の中の道は、都会の喧騒を忘れさせ、心身ともにリフレッシュできる空間を提供してくれます。子どもの笑顔と手をつなぐ温もりが、記憶に残るひと時を作り出しているんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました