PR
スポンサーリンク

【八ヶ岳】稲子湯旅館 – 山間の隠れ家、日帰り入浴で自然の癒しを

八ヶ岳エリア
稲子湯旅館
八ヶ岳エリア南八ヶ岳

登山好きなら知っておきたい、北八ヶ岳の麓に佇む隠れ家、稲子湯旅館。針葉樹林に抱かれ、JR小海線松原湖駅から西へほんの7.5km、標高1,500mの地点にその姿を隠しています。こちらの旅館は、外見はシンプルな山小屋風ながら、中は落ち着いた和室で、都会の喧騒から逃れたいあなたを優しく迎え入れます。

窓を開ければ、四季折々の風景が広がり、心の底からリフレッシュすること間違いなし。登山や湖水巡り、野鳥や動植物の観察に絶好の環境。さらに、この地の恵みである温泉も見逃せません。冷鉱泉を心地よく加熱したお湯は、胃腸病や神経痛の療養に効果的。飲むこともできるこの温泉で、体の内側からも健康を取り戻しましょう。

夕暮れ時、稲子湯旅館の食事はまた格別。佐久鯉を主役に、旬の食材を使った料理が、一日の疲れを癒してくれます。

山での冒険の後、山小屋のような温かみを持つ稲子湯旅館で、心身ともにリフレッシュ。一度の滞在で、その魅力に引き込まれること間違いなしです。山と温泉、そして美食の三拍子がそろった最高の隠れ家を、あなたも訪れてみませんか?

スポンサーリンク

2024年夏季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

施設名読み方予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
稲子湯旅館いなごゆりょかん / inagoyuryokan予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)9,8705,000-20あり(全個室)なしなしなしあり(温泉)確認中0267-93-2262-なし--確認中確認中1,500南八ヶ岳http://www12.plala.or.jp-
  • 山小屋というより旅館です。
  • 客室はすべて和室の個室です。
  • 温泉はシャンプー、石鹸が常備されています。
  • 温泉の泉質は二酸化炭素硫黄冷鉱泉です。

登れる主な山・日本百名山情報・山の標高

この山小屋(テント場)の周辺には、以下の素晴らしい山々があります。これらの山を訪れる際には、ぜひこの山小屋(テント場)を活用しましょう。利便性と快適さを兼ね備え、山へのアクセスが格段に便利になるため、登山体験がより充実したものになること間違いなしです。

山名百名山標高/m順位
赤岳あかだけ日本百名山
山梨百名山
2,89933
横岳よこだけ2,83052
阿弥陀岳あみだだけ2,80562
硫黄岳いおうだけ2,76077
天狗岳てんぐだけ2,646109
根石岳ねいしだけ2,603127

利用される主な登山口(トイレ、水場、バス停有無など)

利用される主な登山口を以下に紹介します。登山の旅は、まず足を踏み入れるその一歩から始まります。これらの登山口は、美しい景色、多様なルート、そして自然との一体感を提供してくれる特別な場所となるでしょう。
※ 登山口をクリックするとアクセス方法が分かります。

登山口トイレ水場バス停標高/m
稲子湯いなごゆなしなしあり1,500

アクセス(鉄道・バス)

山小屋、登山口へのアクセス方法をご紹介します。現時点では、主に関東地域からのアクセスが主要となります。鉄道とバスを利用する場合、季節や時間帯によって所要時間に変動があるので、事前にチェックが必要です。鉄道を使う場合、特定の駅を起点に、山小屋や登山道の最寄りの駅へのルートが一般的です。電車のタイムテーブルを参考にして、適切な時間に出発しましょう。一方、バスを利用する際は冬季に注意が必要です。寒さや積雪のため、バスの運行が中断されることがあります。冬の訪問を予定している方は、バスのスケジュール確認や代替交通手段の検討が重要です。安全な訪問のため、事前の情報収集と計画をしっかりと行いましょう。
※ 鉄道の運行日と時刻は公式サイトなどで必ず確認してください。紹介されている情報は一例に過ぎません。

JR新宿から稲子湯へ
出発新宿
約120分 JR特急あずさ 松本行 時刻表(2024/05/30)
鉄道乗換小淵沢
約60分 JR小海線 小諸行 時刻表
タクシー乗換松原湖
約10分 タクシー
到着稲子湯
JR新宿駅からJR小淵沢駅まで「特急あずさ」を利用し、JR小海線に乗換ます。「稲子湯」から各山小屋までは徒歩となります。
※ JR小海駅からバス(松原湖線)を利用し、「稲子湯」で下車する方法もあります。
登山レポ(稲子湯旅館→オーレン小屋)

周辺の山小屋情報(2024年版)

周辺に点在する山小屋の情報です。これらの山小屋は、登山の疲れを癒やし、次の日の挑戦に備える場所として、登山家にとって欠かせない存在です。ここでは、それぞれの山小屋が持つ独自の魅力や、提供されるサービス、そして宿泊の詳細について情報を共有します。

山小屋(五十音順)予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円
しらびそ小屋予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)10,5007,000
本沢温泉予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)12,0009,000

周辺ギャラリー

山小屋の周辺には魅力的なスポットがたくさん広がっており、これらを写真と共に紹介します。山小屋周辺において、訪れる価値のある場所や活動を紹介し、山岳体験を提供できればと考えます。山小屋からの景観、周辺の山々、キャンプ場、近くを流れる沢や池、美味しい食事など、山の魅力を満喫するための情報を掲載しています。

二酸化炭素硫黄冷鉱泉

山小屋の温泉は、登山で疲れた体を癒すための極上の贅沢です。自然に囲まれながらのひとときは、ただの温泉とは一線を画します。冷鉱泉を適温に加熱した湯は、体の芯から温め、胃腸病や神経痛に効果があるとされています。さらに飲用も可能なこの温泉水で、体の内側から健康を取り戻し、疲労回復を促進しましょう。登山のご褒美として、このような癒やしの時間を過ごせるのは、山ならではの醍醐味と言えるでしょう。

吹き抜けの階段

稲子湯旅館の内装には、木のぬくもりが溢れる吹き抜けの階段が印象的です。温かみのあるライトが優しく照らし出す空間は、旅の疲れを癒やし、ゆったりとした時間を過ごすのにぴったり。木の手触りと、自然光が織りなす陰影が、この場所の落ち着きと風格を際立たせています。上の階へと誘う階段は、まるで旅の続きを告げるように、静かにその存在を主張しているのですね。

ゆったりくつろぎのスペース

このリビングは、暖かな照明と木の素材感が調和し、居心地の良い空間を作り出しています。木製の家具が並び、床のチェッカーパターンが温もりを感じさせるデザインを強調しています。大きな窓からは外の自然を感じることができ、リラックスした時間を過ごすのに最適な場所です。ソファーに体を沈めれば、山の静けさの中で、日頃の喧騒を忘れて心からのくつろぎを得られるでしょう。

落ち着ける和風の部屋

和室の部屋の落ち着いた雰囲気が、旅の疲れを和らげてくれるでしょう。畳の上に広げられた座布団とこたつ布団、そして窓の外に見える自然の緑が心を落ち着けます。部屋の一角に置かれた登山リュックからは、冒険から戻ってきたばかりの静けさが感じられますね。テレビや湯呑みが設えられた生活感がありながらも、どこかミニマリスティックなこの空間は、旅の途中でほっと一息つくのに最適な場所です。

旬の食材を使った料理

稲子湯旅館の食卓が、旬の食材を使った彩り豊かな料理でいっぱいです。そばや魚の煮付け、新鮮な野菜のサラダなど、手作りの温かさを感じさせる品々が並びます。おひつに入ったご飯と、地元の食材を生かした各種おかずは、山の空気を味わいながらいただくには最適。ここでの食事は、体だけでなく心にも栄養を与えてくれるでしょう。山での活動にはエネルギーが必要ですから、こんな豪華な食事があれば、次の日の活力にもなりそうですね。

登山記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました