PR
スポンサーリンク

【八ヶ岳】しらびそ小屋 – みどり池畔で楽しむ、手作り感溢れる山の食事

八ヶ岳エリア
しらびそ小屋
八ヶ岳エリア南八ヶ岳

八ヶ岳の豊かな自然を背景に佇むしらびそ小屋は、まさに登山愛好者にとっての隠れ家。2時間ほどの心地よいトレッキングの先に、みどり池のほとりにひっそりとその存在を誇示しています。その周りをしらびその森が取り囲む姿は、都会の喧騒を忘れさせてくれるようなアットホームな雰囲気を放っています。

窓を開ければ、天狗岳の東壁が目の前に広がる絶景が。その壮大な風景と、室内から聞こえる薪ストーブの心地よい音。さらに窓辺で遊ぶ小鳥たちの姿は、日常からの一時的な逃避を求める者たちにとって、まさに贅沢の時間を提供してくれます。

この小屋は特に女性たちからの高評価が多く、その理由の一つが名物「厚切りトースト」。しかし、その魅力は食事だけに留まりません。夏には清々しい登山、冬には雪山ハイクと、四季折々のアクティビティを楽しむことができます。多くの登山者が、山の魅力を更に深く味わいたいと、しらびそ小屋を訪れます。

最後に、しらびそ小屋は、ただの休憩所ではありません。それは、山愛好家のための楽園、心のオアシスと言える場所。次回の山行の際には、美味しいトーストを片手に、天狗岳の景色を堪能しながら、心温まる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

2024年夏季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

施設名読み方予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
しらびそ小屋しらびそこや / shirabisokoya予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)10,5007,0001,50060ありなしなし簡易なし確認中0267-96-2165090-4739-5255(現地)あり10不要確認中確認中2,040南八ヶ岳https://shirabisogoya.com-
  • 山小屋の宿泊は原則要予約です。
  • 個室のある山小屋の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
    繁忙日は高くなる場合があるので、ご注意ください。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 全国の山小屋の一覧はこちらです。
  • 水曜日と木曜日は定休日となります。
  • 薪ストーブで焼く、名物の「厚切りトースト」は女性に人気です。宿泊者限定です。
  • 窓越しにリスや小鳥が餌を食べに来る姿を鑑賞することができます。

登れる主な山・日本百名山情報・山の標高

この山小屋(テント場)の周辺には、以下の素晴らしい山々があります。これらの山を訪れる際には、ぜひこの山小屋(テント場)を活用しましょう。利便性と快適さを兼ね備え、山へのアクセスが格段に便利になるため、登山体験がより充実したものになること間違いなしです。

山名百名山標高/m順位
硫黄岳いおうだけ2,76077
天狗岳てんぐだけ2,646109
根石岳ねいしだけ2,603127

利用される主な登山口(トイレ、水場、バス停有無など)

利用される主な登山口を以下に紹介します。登山の旅は、まず足を踏み入れるその一歩から始まります。これらの登山口は、美しい景色、多様なルート、そして自然との一体感を提供してくれる特別な場所となるでしょう。
※ 登山口をクリックするとアクセス方法が分かります。

登山口トイレ水場バス停標高/m
稲子湯いなごゆなしなしあり1,500
本沢温泉入口ほんさわおんせんいりぐちなしありなし1,555

アクセス(鉄道・バス)

山小屋、登山口へのアクセス方法をご紹介します。現時点では、主に関東地域からのアクセスが主要となります。鉄道とバスを利用する場合、季節や時間帯によって所要時間に変動があるので、事前にチェックが必要です。鉄道を使う場合、特定の駅を起点に、山小屋や登山道の最寄りの駅へのルートが一般的です。電車のタイムテーブルを参考にして、適切な時間に出発しましょう。一方、バスを利用する際は冬季に注意が必要です。寒さや積雪のため、バスの運行が中断されることがあります。冬の訪問を予定している方は、バスのスケジュール確認や代替交通手段の検討が重要です。安全な訪問のため、事前の情報収集と計画をしっかりと行いましょう。
※ 鉄道の運行日と時刻は公式サイトなどで必ず確認してください。紹介されている情報は一例に過ぎません。

JR新宿から稲子湯へ
出発新宿
約120分 JR特急あずさ 松本行 時刻表(2024/06/19)
鉄道乗換小淵沢
約60分 JR小海線 小諸行 時刻表
タクシー乗換松原湖
約10分 タクシー
到着稲子湯
JR新宿駅からJR小淵沢駅まで「特急あずさ」を利用し、JR小海線に乗換ます。「稲子湯」から各山小屋までは徒歩となります。
※ JR小海駅からバス(松原湖線)を利用し、「稲子湯」で下車する方法もあります。
登山レポ(稲子湯旅館→オーレン小屋)

バスは「みどり池入り口」で下車する方法もあります。

周辺の山小屋情報(2024年版)

周辺に点在する山小屋の情報です。これらの山小屋は、登山の疲れを癒やし、次の日の挑戦に備える場所として、登山家にとって欠かせない存在です。ここでは、それぞれの山小屋が持つ独自の魅力や、提供されるサービス、そして宿泊の詳細について情報を共有します。

山小屋(五十音順)予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円
稲子湯旅館予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)9,8705,000
黒百合ヒュッテ予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)8,8005,500
本沢温泉予約通年営業24/1/1(月)24/12/31(火)12,0009,000

周辺ギャラリー

山小屋の周辺には魅力的なスポットがたくさん広がっており、これらを写真と共に紹介します。山小屋周辺において、訪れる価値のある場所や活動を紹介し、山岳体験を提供できればと考えます。山小屋からの景観、周辺の山々、キャンプ場、近くを流れる沢や池、美味しい食事など、山の魅力を満喫するための情報を掲載しています。

しらびそ小屋とみどり池

しらびそ小屋から見るみどり池の姿は、冬の静けさを映し出しています。雪に覆われた屋根と凍った池は、冬山の厳しい環境を物語っています。しかし、その中にも山小屋の温かな避難所としての役割や、雪景色の美しさが感じられます。この場所は、冬の登山をする人々にとっては、寒さをしのぎ、一息つくための大切な場所。周囲を囲む木々に積もる雪が、季節の移ろいと山の静寂を感じさせてくれるでしょう。

厳冬期のみどり池

しらびそ小屋の前に広がるみどり池は、厳冬期には一面の氷に覆われ、冬の静謐な美しさを見せています。道標が示す「夏沢峠」「中山峠」という文字は、この小屋が登山ルート上の重要な休憩所であることを教えてくれます。雪に包まれたこの静かな場所は、冬山を歩く人々にとって一時の安らぎを提供し、自然の過酷さとは対照的な穏やかな時間をもたらします。ここからの旅は、寒さの中でさらなる美しい景色や冒険を求めて続いていくのです。

みどり池

冬の訪れを告げる雪化粧を纏った標識が、山岳風景の静けさと寂寥感を演出しています。標高2,097メートルの地点に立つこの木製の看板は、重厚感ある歴史を感じさせ、訪れる者に山の厳しさと美しさを同時に語りかけています。雪に覆われたみどり池の湖面は、冬の長い眠りについているかのよう。周囲の木々も雪の重みに身を任せ、冬山の厳しい気候に耐える強さと、自然の移ろいに寄り添うしなやかさを見せています。

本沢温泉、中山峠、みどり池の分岐

しらびそ小屋からの小道を進むと、ひっそりと立つ道標が旅人を迎えてくれます。積もった雪の上には足跡が重なり、前を行く者たちの冒険が感じられます。本沢温泉、中山峠、みどり池へと続くこの分岐点は、まるで自然の中の交差点。針葉樹に囲まれたこの地点は、まさに白銀の世界にひとときの静寂をもたらしており、冬山を訪れる者にとっては、次なる目的地への期待を膨らませる一瞬です。さあ、どの道を選ぶ?その一歩が新たな景色と出会いを約束してくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました