PR
スポンサーリンク

【北アルプス】水晶小屋

北アルプスエリア
水晶小屋
北アルプスエリア裏銀座

水晶小屋は北アルプス中部の水晶岳の南肩、標高2,900mの地点に佇む魅力的な山小屋です。この小屋は北アルプスで最も小規模ながら、裏銀座登山道と読売新道が合流する要衝に位置しています。しかし、強風による危険を避けるため、キャンプ地は設けられていません。かつては何度も全壊を経験したが、2007年にようやく新築されました。悪天候の際には風が想像を絶するほど吹き荒れることがありますが、その厳しい環境こそが登山者の心を魅了する要素の一つと言えるでしょう。裏銀座コースの縦走路と水晶岳への登山道が交わる場所にあるため、多くの登山者が集まります。収容人数が少なく混雑しがちなため、グループ登山の際には事前に予約をすることがおすすめです。七倉温泉から野口五郎岳経由約12時間50分、水晶岳から下り約30分と、アクセスも様々な登山者にとって魅力的な場所となっています。
水晶小屋は厳しい環境の中にある小規模な山小屋でありながら、その魅力は登山者たちを惹きつけて止みません。北アルプスの美しい自然と挑戦の魅力を求めるなら、水晶小屋での一夜を体験してみる価値があるでしょう。

スポンサーリンク

2024年夏季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

施設名読み方予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
水晶小屋すいしょうごや / suishogoya24/4/3(水)冬季休業24/7/10(水)24/9/30(月)14,0009,000-35なし雨天のみなし簡易なし確認中0263-83-5735050-8882-5833(予約)なし--確認中確認中2,900裏銀座https://kumonodaira.net-
  • 山小屋の宿泊は原則要予約です。
  • 個室のある山小屋の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
    繁忙日は高くなる場合があるので、ご注意ください。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 全国の山小屋の一覧はこちらです。
  • 4/3(水)より電話受付開始です。
  • 名物は「力汁」です。
  • 七倉温泉の登山口から13時間余り、南肩に建っています。
  • 小屋は北アルプスのほぼ中央に位置し、裏銀座縦走路にあるため登山客が多く、中継地点として泊まる人も多いです。
  • 小屋の裏手にある水晶岳南肩(赤岳)からの展望はすばらしく、雲ノ平から槍ヶ岳、野口五郎岳、水晶岳の360度の眺めが楽しめます。
  • 現在の小屋は平成19(2007)年に新築されたものです。
  • 過酷な自然条件を活用して風力と太陽光発電で小屋で使う電力の80%を賄っています。
  • 小屋に入ると折り畳みテーブルを設けた玄関兼自炊室や、乾燥室、食堂を兼ねた居間などがあります。
  • 2階には大部屋があります。
  • 稜線にあるので水は天水を利用しています。

登れる主な山・日本百名山情報・山の標高

この山小屋(テント場)の周辺には、以下の素晴らしい山々があります。これらの山を訪れる際には、ぜひこの山小屋(テント場)を活用しましょう。利便性と快適さを兼ね備え、山へのアクセスが格段に便利になるため、登山体験がより充実したものになること間違いなしです。

山名百名山標高/m順位
槍ヶ岳やりがたけ日本百名山3,1805
水晶岳(黒岳)すいしょうだけ日本百名山2,98623
薬師岳やくしだけ日本百名山2,92627
野口五郎岳のぐちごろうだけ2,92428
鷲羽岳わしばだけ日本百名山2,92429
真砂岳まさごだけ2,86143
双六岳すごろくだけ2,86044
三ツ岳みつだけ2,84547
三俣蓮華岳みつまたれんげだけ2,84148
烏帽子岳えぼしだけ2,628116

利用される主な登山口(トイレ、水場、バス停有無など)

利用される主な登山口を以下に紹介します。登山の旅は、まず足を踏み入れるその一歩から始まります。これらの登山口は、美しい景色、多様なルート、そして自然との一体感を提供してくれる特別な場所となるでしょう。
※ 登山口をクリックするとアクセス方法が分かります。

登山口トイレ水場バス停標高/m
高瀬ダムたかせだむありなしなし1,270

アクセス(鉄道・バス)

山小屋、登山口へのアクセス方法をご紹介します。現時点では、主に関東地域からのアクセスが主要となります。鉄道とバスを利用する場合、季節や時間帯によって所要時間に変動があるので、事前にチェックが必要です。鉄道を使う場合、特定の駅を起点に、山小屋や登山道の最寄りの駅へのルートが一般的です。電車のタイムテーブルを参考にして、適切な時間に出発しましょう。一方、バスを利用する際は冬季に注意が必要です。寒さや積雪のため、バスの運行が中断されることがあります。冬の訪問を予定している方は、バスのスケジュール確認や代替交通手段の検討が重要です。安全な訪問のため、事前の情報収集と計画をしっかりと行いましょう。
※ 鉄道の運行日と時刻は公式サイトなどで必ず確認してください。紹介されている情報は一例に過ぎません。

JR新宿からJR松本駅へ
出発新宿
約160分 JR特急あずさ 松本行 時刻表(2024/05/31)
到着松本
JR新宿駅からJR松本駅まで「特急あずさ」を利用します。
JR松本駅からJR信濃大町駅へ
出発松本
約55分 JR大糸線 糸魚川行 時刻表(2024/05/30)
到着信濃大町
JR松本駅からJR信濃大町駅までは大糸線を利用します。
JR信濃大町駅から高瀬ダムへ
出発信濃大町
約35分 タクシー 料金・予約(2024/05/30)
タクシー乗換七倉山荘
約15分 乗合タクシーで高瀬ダムへ(要予約)
到着高瀬ダム
JR信濃大町駅から七倉山荘まではタクシーを利用します。七倉山荘から高瀬ダムまではタクシーを利用します。高瀬ダムから各山小屋までは徒歩になります。
登山レポ(高瀬ダム→裏銀座)

周辺の山小屋情報(2024年版)

周辺に点在する山小屋の情報です。これらの山小屋は、登山の疲れを癒やし、次の日の挑戦に備える場所として、登山家にとって欠かせない存在です。ここでは、それぞれの山小屋が持つ独自の魅力や、提供されるサービス、そして宿泊の詳細について情報を共有します。

山小屋(五十音順)予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円
奥黒部ヒュッテ予約冬季休業24/7/25(木)24/9/30(月)13,0009,700
鏡平山荘6/10以降冬季休業24/7/10(水)24/10/14,0009,500
双六小屋6/10以降冬季休業24/7/10(水)24/10/14,0009,500
平乃小屋0冬季休業24/7/24/10/10,0007,000
七倉山荘予約営業中24/4/16(火)24/11/11,0009,000
野口五郎小屋予約冬季休業24/7/上24/9/13,0009,000
三俣山荘24/4/3(水)冬季休業24/7/6(土)24/10/15(火)14,0009,000
わさび平小屋6/10以降冬季休業24/7/10(水)24/10/11,0007,500

周辺ギャラリー

山小屋の周辺には魅力的なスポットがたくさん広がっており、これらを写真と共に紹介します。山小屋周辺において、訪れる価値のある場所や活動を紹介し、山岳体験を提供できればと考えます。山小屋からの景観、周辺の山々、キャンプ場、近くを流れる沢や池、美味しい食事など、山の魅力を満喫するための情報を掲載しています。

水晶小屋では、特に2階の天井が低いため、頭をぶつけないように十分にご注意ください。ここからは、槍ヶ岳、野口五郎岳、表銀座の燕岳、大天井岳、そして常念岳など、素晴らしい山々が一望できます。特に槍ヶ岳は見事にそびえ立っています。さらに、高瀬ダムも、肉眼で見るには距離がありますが、見ることができます。水晶小屋周辺の景色は、登山者にとって魅力的な要素が満載です。

水晶小屋内部の様子

裏銀座の険しい道を一日かけて歩き、水晶小屋にようやく足を踏み入れました。疲れはあるものの、木造の暖かみある内装が心地よい安らぎを提供してくれます。リュックを下ろすと、それだけで一日の重みが軽くなるようです。ここの窓から見える星空は、都会では決して味わえない壮大なロマンを感じさせてくれるでしょう。今宵はこの小屋で、登山の疲れを癒やし、仲間との会話を楽しみながら、次の日のためのエネルギーを蓄えます。山の中の贅沢は、この穏やかな時間に他なりません。

水晶小屋からの槍ヶ岳

雲海を切り裂くようにそびえ立つ槍ヶ岳の姿は、まさに大自然の芸術品ですね。左手に広がる表銀座の稜線が、まるで歴史ある道をたどるように連なり、それが槍ヶ岳に繋がる様子は、山々が織り成す一つの物語のよう。雲の切れ間からのぞく山頂の輝きが、今にも動き出しそうな生命力を感じさせます。

表銀座

夕暮れの光が山々を照らし出し、表銀座の燕山荘が遠く小さく見えます。ここ水晶小屋からの眺めは、まるで絵画のような美しさを誇り、表銀座の全景が目の前に広がっています。山荘が点在する大パノラマは、登山者の心を惹きつける魅力に満ちています。山々に抱かれる小さな存在が、自然の壮大さと人の営みの脆さを同時に感じさせてくれるのです。夜の帳が下りる前のこの静寂な時間が、一日の疲れを忘れさせてくれますね。

野口五郎岳からの稜線

野口五郎岳から烏帽子岳へと続く稜線を辿り、長い道のりを経て水晶小屋へと向かう道。山脈の緑と岩肌のコントラストが印象的なこの道は、登山者にとっては挑戦と達成感を同時に与えてくれるルートです。稜線はまるで天と地をつなぐかのように、大自然の雄大さを体全体で感じることができる場所。一歩一歩を踏みしめるごとに、自然との対話を楽しむことができます。そしてその先には、心からの休息を約束する水晶小屋が待っているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました