PR

【南アルプス】百間洞山の家 – 樹林帯で味わう、山小屋ならではの食事

南アルプスエリア荒川岳(悪沢岳)・赤石岳・聖岳・光岳

南アルプスの息をのむような美しさの中、赤石岳と聖岳に挟まれた場所に佇む「百間洞山の家」。1992年からの歴史を持つこの木造3階建ての山小屋は、標高約2,500メートルの樹林帯にたたずみ、周囲を流れる水の音が訪れる人々に癒しを提供しています。小川のせせらぎ、豊かな緑、そして清らかな空気がこの場所の魅力を際立たせていますね。

そんな自然に囲まれたこの山小屋からは、山々の谷間にそびえる聖岳の壮大な姿が望めます。また、裏山の大沢岳や中盛丸山からは、遠くに笊ヶ岳を越えて富士山の雄大な姿が見えることも。これらの景色は、登山の疲れを癒し、心を豊かにしてくれることでしょう。

そして、この山小屋のもう一つの魅力はその食事です。名物の「とんかつ」は、3代続く管理人の藤井さん家伝統の味。夕食時に提供されるこのとんかつは、そばと共にボリューム満点で、登山者の空腹を満たしてくれます。食事は8名程度の交代制で、スタッフが手間をかけて用意するそうです。

自然と美味しい食事、そして心温まるおもてなし。百間洞山の家は、都会の喧騒を離れ、自然の中で静かな時間を過ごしたい方にはまさに理想的な場所です。聖岳や富士山を眺めながら、一度は訪れてみたい山小屋ですね。

スポンサーリンク

2024年春季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

施設名読み方予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
百間洞山の家ひゃっけんぼらやまのいえ / hyakkemborayamanoie24/6/11(火)冬季休業24/7/11(木)24/10/13(日)13,00010,0002,00030なしなし簡易なしなし確認中0547-46-4717-あり20不要確認中確認中2,560荒川岳https://www.t-forest.com-
  • 山小屋の宿泊は原則要予約です。
  • 個室のある山小屋の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
    繁忙日は高くなる場合があるので、ご注意ください。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 山小屋の一覧はこちらです。

登れる主な山・日本百名山情報・山の標高

この山小屋(テント場)の周辺には、以下の素晴らしい山々があります。これらの山を訪れる際には、ぜひこの山小屋(テント場)を活用しましょう。利便性と快適さを兼ね備え、山へのアクセスが格段に便利になるため、登山体験がより充実したものになること間違いなしです。

山名百名山標高/m順位
悪沢岳(荒川東岳)わるさわだけ日本百名山3,1416
赤石岳あかいしだけ日本百名山3,1217
聖岳ひじりだけ日本百名山3,01321
小聖岳こひじりだけ2,662102

利用される主な登山口(トイレ、水場、バス停有無など)

利用される主な登山口を以下に紹介します。登山の旅は、まず足を踏み入れるその一歩から始まります。これらの登山口は、美しい景色、多様なルート、そして自然との一体感を提供してくれる特別な場所となるでしょう。
※ 登山口をクリックするとアクセス方法が分かります。

登山口トイレ水場バス停標高/m
椹島さわらじまありありあり1,100

周辺の山小屋情報(2024年版)

周辺に点在する山小屋の情報です。これらの山小屋は、登山の疲れを癒やし、次の日の挑戦に備える場所として、登山家にとって欠かせない存在です。ここでは、それぞれの山小屋が持つ独自の魅力や、提供されるサービス、そして宿泊の詳細について情報を共有します。

山小屋(五十音順)予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円
聖光小屋予約営業中24/4/13(土)24/11/5(火)11,0008,000
茶臼小屋予約冬季休業24/7/24/9/-9,000
光岳小屋予約冬季休業24/7/24/11/12,0008,000
聖平小屋予約冬季休業24/7/24/9/-9,000

コメント

タイトルとURLをコピーしました