【北アルプス】朝日小屋

北アルプスの最北端、2,418メートルの朝日岳のふもとに、朝日小屋がそびえています。この山小屋は、長距離の縦走登山者にとって頼もしい拠点となっており、その赤い三角屋根は遠くからも目印です。
山小屋からの景色は圧巻で、高山植物の宝庫で知られる朝日岳の山頂から望む景観は息をのむ美しさです。また、日本海まで続く栂海新道の縦走路にも近く、登山者の安全を見守ります。
朝日小屋に泊まると、地元の食材にこだわった美食の饗宴が待っています。昆布〆のお刺身やホタルイカの沖漬け、富山県産コシヒカリ100%など、山小屋とは思えないほどの贅沢な食事を楽しめます。特に夕食は、山深く到着までの長い距離を歩いた疲れを癒すごちそうとなっています。
朝日小屋へのアクセスは容易ではありませんが、その価値は充分にあるでしょう。清水ゆかりさんが提供する地元の郷土料理は宿泊客を魅了し、山の旅人たちに海の幸を提供します。そして、名菓「栂海新道」で締めくくる独自のデザートが心をくすぐります。
さらに、朝日小屋は豪雪エリアに建っており、屋根は雪に押しつぶされないように合掌造りを模した形状になっています。
朝日小屋は、登山の魅力を最大限に引き立て、自然との調和を感じる特別な場所です。山の中で贅沢なひとときを楽しみながら、北アルプスの美しさに包まれる絶好の機会です。

スポンサーリンク

基本情報(2023年冬季)

2023年の情報を掲載しており、営業スケジュール、宿泊料金、キャンプ場の有無、標高、連絡先などが含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

  • 北アルプスの山小屋です。
山小屋営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室テント場幕営数(最大)お風呂電話番号1電話番号2標高/m備考山域公式URLテント場予約水場外トイレ電波
朝日小屋冬季休業2023/6/下23/10/8(日)9,0003,00050なしありありあり50なし0765-83-2318(事務所)080-2962-4639(小屋衛星電話)2,150朝食なし後立山https://www.asahigoya.net/info/asahi.html不要確認中あり確認中
  • 山小屋の宿泊は原則要予約です。
  • 個室の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 山小屋の一覧はこちらです。
  • 北アルプスの山小屋です。

アクセス(鉄道・バス)

山小屋へのアクセス方法をご紹介します。現時点では、主に関東地域からのアクセスが主要となります。アクセスには主に鉄道とバスを使いますが、季節や時間帯によって所要時間に変動があるので、事前にチェックが必要です。鉄道を使う場合、関東からは特定の駅を起点に、山小屋最寄りの駅へのルートが一般的です。電車のタイムテーブルを参考にして、適切な時間に出発しましょう。一方、バスを利用する際は冬季に注意が必要です。寒さや積雪のため、バスの運行が中断されることがあります。冬の訪問を予定している方は、バスのスケジュール確認や代替交通手段の検討が重要です。安全な訪問のため、事前の情報収集と計画をしっかりと行いましょう。
※ 鉄道の運行日と時刻は公式サイトなどで必ず確認してください。紹介されている情報は一例に過ぎません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました