PR
スポンサーリンク

【北アルプス】燕山荘 – ホテル風ホスピタリティと味わい深い食事

北アルプスエリア
燕山荘
北アルプスエリア表銀座

燕山荘は、燕岳の壮大な自然に抱かれた、100年以上の歴史を誇る山小屋です。この地で味わえるのは、まるでホテルのような上質なホスピタリティと、独自の魅力が溢れる滞在体験。中房温泉から約4時間の登山を経て、合戦尾根を越えると、そこには心地よい安らぎを提供する燕山荘があります。登山者にとっては、槍ヶ岳への旅の玄関口としても知られ、家族連れにも大人気。

燕山荘からの景観は、言葉では言い尽くせない美しさ。特に、夕日に染まるイルカ岩は、緑豊かなハイマツに囲まれた、この地ならではの絶景です。心を奪われるほどの景色に出会えるのは、ここでしか味わえない醍醐味。

さらに、燕山荘では様々なイベントや名物が楽しめます。夕食後の食堂では、燕岳の魅力を伝えるスライドショーがあり、オーナーによるアルペンホルンの演奏も。家族連れには、子どもたちが山頂を目指す間に、親が小屋でのんびりとケーキやコーヒーを楽しむ、そんな至福のひとときも提供されています。

燕山荘はただの宿泊施設ではなく、訪れる人々に特別な体験と思い出を提供する場所。豊かな自然、心温まるホスピタリティ、そして忘れられない景色と体験が、あなたを待っています。

スポンサーリンク

2024年夏季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

施設名読み方予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
燕山荘えんざんそう / enzanso24/3/14(木)営業中24/4/20(土)24/11/23(土)15,00010,0002,000650ありあり簡易ありなし確認中0263-32-1535(松本事務所)090-1420-0008(直通)あり40必要確認中確認中2,763表銀座https://www.enzanso.co.jp-
  • 山小屋の宿泊は原則要予約です。
  • 個室のある山小屋の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
    繁忙日は高くなる場合があるので、ご注意ください。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 全国の山小屋の一覧はこちらです。
  • クリスマス、年末年始営業あります。
  • オーナーによるアルプホルンや山のお話が楽しめます。

登れる主な山・日本百名山情報・山の標高

この山小屋(テント場)の周辺には、以下の素晴らしい山々があります。これらの山を訪れる際には、ぜひこの山小屋(テント場)を活用しましょう。利便性と快適さを兼ね備え、山へのアクセスが格段に便利になるため、登山体験がより充実したものになること間違いなしです。

山名百名山標高/m順位
槍ヶ岳やりがたけ日本百名山3,1805
大天井岳おてんしょうだけ2,92230
燕岳つばくろだけ2,76376
西岳にしだけ2,75878
餓鬼岳がきだけ2,647107

利用される主な登山口(トイレ、水場、バス停有無など)

利用される主な登山口を以下に紹介します。登山の旅は、まず足を踏み入れるその一歩から始まります。これらの登山口は、美しい景色、多様なルート、そして自然との一体感を提供してくれる特別な場所となるでしょう。
※ 登山口をクリックするとアクセス方法が分かります。

登山口トイレ水場バス停標高/m
中房温泉なかふさおんせんありありあり1,462

アクセス(鉄道・バス)

山小屋、登山口へのアクセス方法をご紹介します。現時点では、主に関東地域からのアクセスが主要となります。鉄道とバスを利用する場合、季節や時間帯によって所要時間に変動があるので、事前にチェックが必要です。鉄道を使う場合、特定の駅を起点に、山小屋や登山道の最寄りの駅へのルートが一般的です。電車のタイムテーブルを参考にして、適切な時間に出発しましょう。一方、バスを利用する際は冬季に注意が必要です。寒さや積雪のため、バスの運行が中断されることがあります。冬の訪問を予定している方は、バスのスケジュール確認や代替交通手段の検討が重要です。安全な訪問のため、事前の情報収集と計画をしっかりと行いましょう。
※ 鉄道の運行日と時刻は公式サイトなどで必ず確認してください。紹介されている情報は一例に過ぎません。

JR新宿からJR松本駅へ
出発新宿
約160分 JR特急あずさ 松本行 時刻表(2024/05/31)
到着松本
JR新宿駅からJR松本駅まで「特急あずさ」を利用します。
JR松本駅から中房温泉へ
出発松本
約35分 JR大糸線 糸魚川行 時刻表(2024/05/30)
バス乗換穂高
約55分 南安タクシー 中房温泉行 時刻表(2024/05/30)
到着中房温泉
JR松本駅からJR穂高駅までは大糸線、JR穂高駅から中房温泉までは定期バスを利用します。中房温泉から各山小屋までは徒歩になります。
登山レポ(中房温泉→表銀座)

周辺の山小屋情報(2024年版)

周辺に点在する山小屋の情報です。これらの山小屋は、登山の疲れを癒やし、次の日の挑戦に備える場所として、登山家にとって欠かせない存在です。ここでは、それぞれの山小屋が持つ独自の魅力や、提供されるサービス、そして宿泊の詳細について情報を共有します。

山小屋(五十音順)予約開始営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円
槍ヶ岳山荘1ヶ月前営業中24/4/27(土)24/11/3(日)14,0009,500
燕山荘24/3/14(木)営業中24/4/20(土)24/11/23(土)15,00010,000
大天井ヒュッテ1ヶ月前冬季休業24/7/6(土)24/10/13(日)14,0009,500
餓鬼岳小屋0冬季休業24/7/24/10/13,0009,000
合戦小屋予約営業中24/4/20(土)24/11/23(土)宿泊なし宿泊なし
大天荘24/3/14(木)冬季休業24/6/15(土)24/11/3(日)15,00010,000
中房温泉予約営業中24/4/25(木)24/11/12,250-
ヒュッテ大槍24/5/8(水)冬季休業24/6/29(土)24/10/13(日)14,0009,000
ヒュッテ西岳1ヶ月前冬季休業24/7/13(土)24/10/13(日)14,0009,000

周辺ギャラリー

山小屋の周辺には魅力的なスポットがたくさん広がっており、これらを写真と共に紹介します。山小屋周辺において、訪れる価値のある場所や活動を紹介し、山岳体験を提供できればと考えます。山小屋からの景観、周辺の山々、キャンプ場、近くを流れる沢や池、美味しい食事など、山の魅力を満喫するための情報を掲載しています。

緑の息吹が満ちる登山道に立つ一つの標識。燕岳までの距離を告げるその木の指し示す先には、槍ヶ岳の尖塔が雲の上から威風堂々と聳え立っています。この道を歩む者にとって、その距離はただの数字以上の意味を持ちますね。それは冒険への誘いであり、自然との対話であり、そして心身の試練でもあるのです。さあ、残り2.3kmの道のり、気を引き締めて一歩ずつ踏み出しましょう。

燕山荘には、山の頂での食事だけでなく、豊富なドリンクメニューも楽しみの一つです。登山の疲れを癒す冷たい飲み物から、身体を温める温かい飲み物まで、様々なニーズに応えてくれます。そして、ここで目を引くのが「メガ」サイズの生ビール。山小屋でこのようなビッグサイズに出会えるとは、思わぬサプライズですよね。登頂の達成感を、心地よい泡と共に噛みしめることができる、そんな贅沢がここにはあるんです。

燕山荘周辺のテントスペースは特に人気があり、場所取りは一種の競争とも言えますね。早起きは三文の得とはよく言ったもので、素晴らしいロケーションを確保するためには、早めの行動が肝心です。北アルプス三大急登の一つ、合戦尾根を登り切った達成感とともに、自分のテントを設営できた時の喜びはひとしお。そんな小さな冒険も、登山の醍醐味の一つではないでしょうか。

燕岳からの燕山荘

霧に煙る燕岳山頂近く、緑豊かな尾根をたどると、ひと際目を引くのは彩り豊かなテント場です。そこは山と対話する人々の一時の宿。さらにその先に見えるのが、燕山荘。登山者にとっての憩いの場であり、挑戦を続ける力となる安息の地。山の厳しさとは裏腹に、温かな灯りと共に安らぎを提供してくれるその存在は、まさに高山のオアシスと言えるでしょう。

燕岳の斜面にて、名物とされるイルカ岩が登山者の目を楽しませています。岩の形がまるで海を泳ぐイルカのように見えるためにこの名がつけられたのでしょう。周囲の地面には、高山植物の宝庫とも言えるコマクサが点々と咲いており、荒々しい岩肌との対比がこの山特有の風景を際立たせています。遠くに見える燕山荘へと続く道は、まるでこの不思議な岩々を見守るような存在感で、登山者を静かに迎え入れているのです。自然が織り成すアートに、ただただ感嘆するばかりですね。

夕暮れ時の山々は、別世界のような静寂と神秘を纏います。右手にそびえる槍ヶ岳のシルエットが、日が落ちるにつれて幻想的な輪郭を描き出し、その姿はまるで夜の帳が下りるのを告げるかのよう。そして、燕山荘に灯る温かな光が、暗く冷たくなりがちな夜道にぬくもりと安心を与えてくれます。この光は、遠くからでも山荘が安全の拠点であることを示し、日中の疲れを癒やす夜の宿りを静かに約束しています。周囲を囲む雲海が、まるでこの場所だけが天上の楽園であるかのような錯覚に誘われますね。

燕山荘登山レポ

コメント

タイトルとURLをコピーしました