PR
スポンサーリンク

【南アルプス】馬の背ヒュッテ

南アルプスエリア
馬の背ヒュッテ
南アルプスエリア甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳

馬の背ヒュッテは北沢峠から仙丈ヶ岳を目指す登山道のうち、藪沢新道の稜線手前にあるログハウス風の山小屋です。この小屋はアットホームな雰囲気に包まれ、特に女性の登山客からの支持が厚いと言われています。ダケカンバの森の中に佇むこの小屋では、自家製のオリジナルカレーが夕食に供されます。数種類のスパイスがブレンドされたこのカレーは絶品で、おかわり自由。
もし肉が苦手な方やカレーが食べられない方は、事前に相談すれば対応してもらえます。標高は2,630mで、北沢峠から約2時間40分、仙丈ヶ岳から下り約1時間10分の場所に位置しています。登山の途中で、馬の背ヒュッテは疲れた体を癒し、心温まる時間を提供してくれるでしょう。四季折々の自然の美しさを楽しみながら、素晴らしい仲間と共にこの山小屋で過ごすひとときは、登山の魅力を最大限に引き出してくれることでしょう。ぜひ、馬の背ヒュッテでの素晴らしい経験を、心に残る思い出にしてみてください。

スポンサーリンク

2024年夏季基本情報(営業期間、宿泊料金、予約サイトなど)

2024年の情報を掲載しており、営業スケジュール、予約サイト、宿泊料金、テント場の有無、標高、連絡先、山小屋の住所、地図などの情報が含まれています。この記事は最新情報を提供するよう努力していますが、内容が変更されることも考えられます。山に行く前には、必ず山小屋の公式ウェブサイトで最新の情報を確認することを強く推奨します。

施設名読み方予約サイト(開始日)営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円テント泊/円/1人収容人数個室乾燥室更衣室自炊室お風呂電波電話番号1電話番号2テント場幕営数(最大)テント場予約水場外トイレ標高/m山域公式URL備考
馬の背ヒュッテうまのせひゅって / umanosehyutte24/4/9(火)営業中24/7/1(月)24/10/15(火)12,0009,000-45なしなしあり食堂兼用なし確認中090-2503-2630-なし--確認中確認中2,630甲斐駒ヶ岳https://umanose.com-
  • 山小屋の宿泊は原則要予約です。
  • 個室のある山小屋の場合、個室料金が別途必要になる場合があります。
  • 宿泊プランが複数あるケースでは、低価格の料金プランの金額を記載しています。
    繁忙日は高くなる場合があるので、ご注意ください。
  • 詳細は公式URLをご確認ください。
  • 全国の山小屋の一覧はこちらです。
  • 山小屋周辺や山頂の絶景フォトギャラリーこちらです。
  • 馬の背ヒュッテの名物は、鹿肉カレーです。鹿肉は山の恵みで、低脂肪・高タンパクで栄養価が高く、コクと旨味があります。馬の背ヒュッテでは、鹿肉を自家製のカレールーで煮込んで、ご飯と一緒に提供しています。
  • 北沢峠から仙丈ヶ岳へ向かう登山道、藪沢・重幸新道を登り、稜線に出るわずか手前にある小屋です。ログハウスのようなユニークな外観の建物が特徴です。
  • 高山植物の保護活動と快適な宿泊を提供する特別な場所にもなっています。

登れる主な山・日本百名山情報・山の標高

この山小屋(テント場)の周辺には、以下の素晴らしい山々があります。これらの山を訪れる際には、ぜひこの山小屋(テント場)を活用しましょう。利便性と快適さを兼ね備え、山へのアクセスが格段に便利になるため、登山体験がより充実したものになること間違いなしです。

山名百名山標高/m順位
仙丈ヶ岳せんじょうがたけ日本百名山
山梨百名山
3,03318
甲斐駒ヶ岳かいこまがたけ日本百名山
山梨百名山
2,96724

利用される主な登山口(トイレ、水場、バス停有無など)

利用される主な登山口を以下に紹介します。登山の旅は、まず足を踏み入れるその一歩から始まります。これらの登山口は、美しい景色、多様なルート、そして自然との一体感を提供してくれる特別な場所となるでしょう。
※ 登山口をクリックするとアクセス方法が分かります。

登山口トイレ水場バス停標高/m
北沢峠きたざわとうげありありあり2,032

アクセス(鉄道・バス)

山小屋、登山口へのアクセス方法をご紹介します。現時点では、主に関東地域からのアクセスが主要となります。鉄道とバスを利用する場合、季節や時間帯によって所要時間に変動があるので、事前にチェックが必要です。鉄道を使う場合、特定の駅を起点に、山小屋や登山道の最寄りの駅へのルートが一般的です。電車のタイムテーブルを参考にして、適切な時間に出発しましょう。一方、バスを利用する際は冬季に注意が必要です。寒さや積雪のため、バスの運行が中断されることがあります。冬の訪問を予定している方は、バスのスケジュール確認や代替交通手段の検討が重要です。安全な訪問のため、事前の情報収集と計画をしっかりと行いましょう。
※ 鉄道の運行日と時刻は公式サイトなどで必ず確認してください。紹介されている情報は一例に過ぎません。

JR新宿駅からJR岡谷駅へ
出発新宿
約140分 JR特急あずさ 松本行 時刻表(2024/07/21)
到着岡谷
JR新宿駅からJR岡谷駅まで「特急あずさ」を利用します。
※ 岡谷駅に止まらない列車もありますので、ご注意ください。
JR岡谷駅から北沢峠へ
出発岡谷
約60分 飯田線 豊橋方面 時刻表(2024/07/21)
バス乗換伊那市(伊那バスターミナル)
※ 新宿からの高速バスもあります。
※ 仙流荘まで直通のモーニングジオライナーもあります。
約25分 高遠線 高遠高校行 時刻表(2024/07/21)
タクシー乗換高遠バス停
約20分 タクシー 伊那・つばめタクシー
※ 循環バス(長谷循環バス)はあるが、本数が少ない。
バス乗換仙流荘(戸台パーク)
約55分 南アルプスクイーンライン 北沢峠行 時刻表(2024/07/21)
★2024年(令和6年)の運行予定
●4月25日から6月14日まで 戸台口から歌宿まで運行
●6月15日から11月15日まで 戸台口から北沢峠まで運行
※ピーク時は非常に混雑するため、注意が必要です。
到着北沢峠
JR岡谷駅から伊那市駅までは飯田線、伊那市駅から高遠までまでは高遠線のバスを利用します。高遠からはバスかタクシーで仙流荘へ向かいます。仙流荘からバスで北沢峠へ向かいます。北沢峠から各山小屋までは徒歩になります。
※ 7/15日以降は茅野駅から仙流荘まで直通の南アルプスジオライナーが利用可能です。
広河原 ⇔ 北沢峠 の山梨県側(甲府駅)からのルートは令和元年の台風19号の影響により運行(通行含む)を休止しています。
※ 2024年度もNGです。山道に重機が入れない状態のため、工事そのものが始まっていないようです(復旧の目処はたってない)。
登山レポ1(北沢峠→甲斐駒ヶ岳)
登山レポ2(北沢峠→仙丈ヶ岳)

周辺の山小屋情報(2024年版)

周辺に点在する山小屋の情報です。これらの山小屋は、登山の疲れを癒やし、次の日の挑戦に備える場所として、登山家にとって欠かせない存在です。ここでは、それぞれの山小屋が持つ独自の魅力や、提供されるサービス、そして宿泊の詳細について情報を共有します。

山小屋(五十音順)予約サイト(開始日)営業状況営業開始営業終了1泊2食/円1泊素泊まり/円
大平山荘予約冬季休業24/7/24/10/-7,500
こもれび山荘24/3/20(水)営業中24/4/25(木)24/10/12,0007,500
仙丈小屋予約営業中24/6/8(土)24/10/14(月)12,0009,000
仙水小屋予約冬季休業24/6/24/10/後8,0006,000
長衛小屋24/4/1(月)営業中24/6/15(土)24/11/4(月)10,1006,800

周辺ギャラリー

山小屋の周辺には魅力的なスポットがたくさん広がっており、これらを写真と共に紹介します。山小屋周辺において、訪れる価値のある場所や活動を紹介し、山岳体験を提供できればと考えます。山小屋からの景観、周辺の山々、キャンプ場、近くを流れる沢や池、美味しい食事など、山の魅力を満喫するための情報を掲載しています。

仙丈ケ岳と仙丈小屋

緑豊かな斜面を進むと、そこには千丈小屋が佇んでいます。仙丈ケ岳への道中、ここが一つの節目となり、登山者にとってはホッと一息つける場所。青と緑が織り成す自然のコントラストが、心を解きほぐしてくれます。山頂への期待を胸に、馬の背ヒュッテで一息。もうすぐ、頂上からの絶景に出会える―そんな予感がする、そんな場所です。

小仙丈ケ岳コースから見た馬の背ヒュッテ

馬の背ヒュッテが、秋の深まりを感じさせる山肌に溶け込むようにたたずんでいます。木々の色づきと落ち葉の絨毯が、訪れる人々を静かに迎え入れます。小仙丈ケ岳コースからの眺めは、まるで秘境に辿り着いたかのような錯覚に陥らせるほど。ここはただの休憩所ではなく、自然に抱かれた安らぎの宿。

仙丈ケ岳山頂付近から見た甲斐駒ヶ岳

仙丈ヶ岳の稜線を越えると、そこには甲斐駒ヶ岳が堂々とした姿を見せています。山々が織り成す縦横無尽のラインは、登山者の心を高揚させ、達成感でいっぱいにします。馬の背ヒュッテを過ぎ、一歩一歩踏みしめるごとに、頂が近づく実感が湧いてきます。雲がかかる峰々は、その神秘性をさらに際立たせ、山の壮大さと自然の力強さを改めて感じさせてくれるのです。

大滝の頭への分岐

秋の息吹を感じる枯葉の絨毯を背に、大滝の頭、馬の背ヒュッテ、そして仙丈ヶ岳へと続く道標が立っています。この分岐点は多くの登山者が足を止め、次の目的地への道を選ぶ場所。どの道を選んでも、自然の美しさと山の厳しさが待ち受けています。冒険心をくすぐるこの地点から、それぞれの旅が始まるのです。

藪沢小屋

藪沢小屋が、林の中にひっそりとたたずむ様子は、まるで物語から飛び出してきたかのようです。周囲の木々が紅葉しているこの時期は、特に風情がありますね。この小屋は、山を愛する人々の秘密基地のような場所。訪れる人にとっては、安息の地であり、次への旅立ちを支える拠点となるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました